葬儀の方法を把握しておくことは大切・人としてのマナ〜を学ぼう

葬式

葬儀と告別式の違い

葬式

葬式という言葉は、もともと葬儀と告別式が合わさってつくられた言葉といわれています。明治時代までは、一般的に葬儀のみを行うということが主流でした。葬儀はあくまでも儀礼であり、遺族と少数の近親者のみで行われるものです。もちろん仏式の場合、お坊さんに足を運んでもらうということも行われます。この儀礼とは別に、告別式は故人に別れを告げる式典とされています。故人が生前親交が深かった方が足を運びお別れを行うものとして、現在では主流として行われています。お葬式に参列すると、一連の流れが定着していることがわかります。まずお坊さんの読経が始まり、遺族や親族がお焼香をあげます。葬儀とは、実際にはここまでの流れをいいます。その後親交の深かった友人や職場の仲間、お世話になった方がお焼香をあげます。この流れは告別式の分類に当てはまるといえるのです。今ではこのように、はっきりとした区別はされていないもので、故人の意向によって葬式の内容や参列者の選択が行われています。人が亡くなる、これは避けては通れないものできちんと知識を蓄えておくべきものでもあります。親を看取ることが子供の役目ともいわれていますが、実際には病気や交通事故等で人の寿命が予想していなかったくらいに短い時があります。いつ誰の身に何が起こるのかわからないため、きちんと基本的な知識は大人として蓄えておかなければいけません。葬式の方法により基礎的なルール以外変わる時もあります。