葬儀の方法を把握しておくことは大切・人としてのマナ〜を学ぼう

葬式

タブーに気をつけよう

線香

大人として蓄えておかなければいけないものが、葬式等のマナーです。特に服装に関しては意外と認識されていないもので、いざという時に迷ってしまうものです。急死の場合、喪服が用意できずにお通夜は平服という選択肢もあります。逆に喪服を着ることで準備していたというイメージがついても気分のいいものではないですよね。葬式の場合、女性は特にメイクや肌の露出などを控え、殺生の意味が込められる毛皮等はさけなければいけません。子供の場合は、学校の制服を活用することができます。基本的なマナーとして知っておかなければいけないものが、通夜ぶるまいを断るということが失礼にあたるということです。通夜ぶるまいとは、故人と過ごす最後の夜であり足を運んだ際には参加が基本のマナーとされているのです。葬式や葬儀では、明るすぎる表情や友人・親族と会話の盛り上がりが多くなってもいけません。家族を亡くした遺族の気持ちにたって言動を選択していかなければいけないのです。きちんと大人として知識を蓄えておくということは、人といてのマナーを守るためにも必要なものです。多くの方がいざという時にどのような服装で、どのような対応をするべきかわからないと不安になってしまうものです。今更聞けない基本的なマナーともいわれているため、事前にタブーとされている知識は収集しておくことが必要です。