葬儀の方法を把握しておくことは大切・人としてのマナ〜を学ぼう

葬式

社葬という葬儀の方法

花

会社の社長や会長が亡くなった時に、会社が行うものを社葬、遺族が行うものを個人葬といいます。また殉職した際にも行われるため、公務員として働く方に多いものです。家族葬、密葬というものもありどちらも親族など親しい間柄のみで行う葬儀となります。社葬や個人葬など、大々的に行う必要がある方の場合、事前に密葬を行い遺族のみでお別れを行うことが多くなります。家族葬とは、単独で行う儀式でありその際には、礼儀として会葬者だけでなく身近な方へのお知らせも必要となります。そして宗教を取り入れた方法として仏式、キリスト教、神式儀式といった種類があります。創価学会は僧侶なしの同志葬が行われます。このように、各新興宗教によって形式があり宗教者にとっては定番とされています。金銭的な負担を軽減させることができる市民葬や区民葬もあります。これは喪主が自治体に住んでいることが条件で、福祉や補助金とは異なります。自治体自身が施行を行う場合もありますが、ほとんどの場合定形する葬儀社により行われています。自然葬や散骨、樹木葬など海、川、山、宇宙に散骨を行うものを自然葬といいます。これは、扱いのある葬儀社に依頼して行うことができます。自然にかえすという意味が込められているもので、多くの方が納骨で閉じ込めるよりも自由にしてあげたいという考えから行われています。他にも種類はたくさんあり、状況に応じて適したものを選択することが可能になります。